充実した対応

memorial

墓石業者では、相手の状況などに合わせて親身になって相談することを行っており、不快感を与えない接客についても心がけている傾向があります。墓石もそうですが、サービスにも満足していただける取り組みを行なっています。

Read More

ペットの墓地霊園

memorial

ペットと一緒に入ることが出来るお墓を探す最適な方法は、「ペット可」との規約のある霊園を選ぶようにするということです。インターネットで探すことで、全国の霊園の情報を得ることが出来ます。

Read More

正しい方法

funeral service

基本的に夫婦墓はひと組の夫婦で入ることが多いですが、配偶者が二人いた場合先妻と後妻の二つにわけておいて三人一緒に入るのが正しい礼儀です。戒名を刻む場合は一番右が夫、中心が先妻、左を後妻とするのが正しい刻み方です。

Read More

正確な情報を得る

お墓は東京で購入すると良いですよ!人気のある石材店なら、墓石の種類や大きさなどの希望にしっかりと応えてくれます。

引越しに必要な手続きと費用の目安

近年、郷里からお墓の引越しを考える方が増加していますが、その方法がわからないという方が大勢おられます。お墓の引越しにはどのような手続きが必要で、どれほでの金額がかかるのか、気になるところだと思います。 お墓の引越しのためには改葬許可証が必要で、市区町村役場で発行してもらうことができます。改葬許可証は遺骨1体につき1つ必要ですので注意しましょう。 改葬許可証を入手したら、お墓の引越しが可能となります。この際、墓石を処分したり、区画整理の費用として1平方メートルあたり10万円から15万円かかります。さらに遺骨の取り出し費用が5万円、納骨費用が2万円かかり、墓石を同じものを使用するなら、墓石運搬費用が別にかかります。 最低でも合計で50万円ぐらいの費用は考えておいた方が良いでしょう。

離壇料は支払う必要があるのか

お墓の引越を、手続き処理と遺骨や墓石の移動だけで済むと考えている方がおられるようですが、それだけではありません。日本では、菩提寺でお墓の管理をされている方が多いため、引越しには住職の許可が必要になります。 法律などで定められているわけではないため、住職に拒否できる正当な理由はありませんが、菩提寺はお墓の管理や法要などをとりおこなって来てくれたという感謝の気持ちもこめて、基本的には離壇料を支払う必要があります。 また改葬許可証を役場に発行してもらうためには、許可申請書に住職の署名や捺印が必要となりますので、改葬の話をトラブル無く行なうためにも離壇料は用意しておきましょう。 離壇量は1回のお布施ほどの金額が妥当と言われていますが、あくまで個人の判断ですので、トラブルにならない程度は用意しておいたほうが良いでしょう。